大分の文化

文化で綴る大分の風景㉖「梅雨明けずの玖珠路」

2015年07月23日(木)
(1044回)

まだ梅雨明けならず雨模様の日に玖珠の水田風景を求めて国道210号線を西に。玖珠町に入り右折すると国道豊後森駅東側に豊後森機関庫があります。機関庫は昭和9年の久大線全線開通とともに完成。鉄筋コンクリート造で1,785㎡の面積を有し、最盛時には蒸気機関車21台が所属する大規模な扇形機関庫でした。平成24年に「旧豊後森機関庫」と「旧豊後森機関庫転車台」として国の登録有形文化財に登録されています。
 
渓沿いにひっそり 田植えして居りし
                麻生志気枝

玖珠は山国である。県の北西部に位置し、南は熊本県境、周囲を四市二町に囲まれた広大な参観盆地。名のある山・名のある滝も多い。その山間の流れの小さな田植えの風景。

麻生志気枝
明治32年岡山県勝山町生まれ。「蕗」所属。


世に出でし 故人の傅記童話祭
              河上睦女
 
童話や児童文学の開拓者、口演童話の先駆者である久留島武彦。巌谷小波と協力して、わが国最初の童話会を開く。日本のアンデルセンと称えられ、故郷で顕彰の童話祭を催す。
 
河上睦女
明治42大分県玖珠町生まれ。「蕗」所属。

豊後森機関庫から角牟礼城跡へ。角牟礼城は豊後国から豊前国に抜ける交通の要衝に位置し、天然の要害である角埋山に13世紀後半に玖珠郡衆の森朝通により築かれたと伝えられています。戦国末期、島津軍による豊後侵攻でも落城することなく、難攻不落の城として名を高めました。伝搦手門跡には穴太積み(あのうづみ)石垣が残っており、近世の山城の特徴がみられます。

   【筆者紹介】

   足達賢二(あだちけんじ) 

    竹田市久住町出身
    2012年3月まで大分県職員
    大分県中部振興局長、大分県職員研修所長、県民生活・男女共同参画課長、大分県消費生活・男女共同参画プラザ所長などを歴任。
 

facebookコメント
一覧に戻る