大分アジア彫刻展(朝倉文夫記念公園内)
人間は神話を捨て去ることが出来るのか (第3回 大賞)
作者 戸田 裕介 Toda Yusuke (埼玉県 SAITAMA JAPAN)
サイズ H250×W491×D150

人間の営の中で壊されて行く自然。自然の力により、ゆっくりと、時に突然破壊されてしまう人間の生活。一方で、人間により守られて行く自然。自然により育まれている人の命。二つの対立したものではなく、一つの流れとして考えている。

※カーソルを合わせると拡大されます
※こちらに拡大した画像が表示されます

閉じる