大分アジア彫刻展(朝倉文夫記念公園内)
POINTED SKY (第3回 準大賞)
作者 IDRIS BIN AWANG イドリス ビン アワン (マレーシア MALAYSIA)
サイズ H400×W250×D250

民族はそれぞれの神を信じます。人々から最も深く尊敬され、人々を守る神です。しかし、このごろは武器が人間を守るシンボルになりました。

彫刻を注意深く見ると、隠れた形が二つ見えます。その形とは円形(人間のシンボル)や三角形です。三角形は人間のかかわり
1)人間と神の関係
2)人間と人間の関係
3)人間と自然の関係
を表します。

彫刻の中央にある円形は人間の象徴です。民族にはそれぞれの習慣があります。例えば害悪を避けるためにマレイ人[Malay]はカンプン[Kampung]と呼ばれる家の上部分に細長い木彫をおいておきます。この「空を指す」木彫はツンジュク・ランギト[Tunjuk Langit]と呼ばれます。

※カーソルを合わせると拡大されます
※こちらに拡大した画像が表示されます

閉じる