イベント情報

生き物図鑑 ~日本画家が描く動物画の世界~

(413回)
所在地 〒879-1505
大分県速見郡日出町大字川崎837番地の6
開催会場 二階堂美術館
開催期間 2018年4月3日 ~ 2018年6月17日
ジャンル 美術
料金 一般:800円 ([団]・[障]:600円)
大学生・高校生:500円 ([団]・[障]:400円)
中学生・小学生:300円 ([団]・[障]:200円)
※[団]は20人以上の団体料金、[障]は障がい者料金。
※土曜日の小・中・高校生の観覧は無料。
※小・中・高校生及び引率教師の学校教育活動にもとづく観覧は無料。
※大学生は、学生証を提示願います。
※障がい者料金で観覧する場合は、障がい者手帳を提示願います。
アクセス ・JR日豊本線「日出駅」下車・・・徒歩3分
・大分交通バス「堀」停留所下車・・・徒歩10分
駐車場 30台(無料)

イベントの詳細

 古くから私たち人間は、動物たちと共に生きてきました。その動物たちは古くから描かれ、その表現方法は今日まで様々な発展を遂げてきました。その発展の大きな転機として、動物園の開園が上げられます。当時の日本において動物園の存在はとても珍しく、『生きた博物館』として人々の興味関心を集めます。
 日本画家たちにとっては、“生きる見本”として観察できる動物の種類が一気に増え、これまで描くことの出来なかった猛獣などの写生が可能になり、また外国の動物を描くことも可能になりました。
そして自宅では飼育できない動物たちをじっくりと観察し、写生を行い、作品を描くという工程が日本画家たちの間に浸透していきます。動物たちの生き生きとした姿を表現しようと動物園に足しげく通ったり、理想の見本を追い求め動物園巡りをする画家たちも現れ、更なる表現方法を追求していきます。
本展では、二階堂美術館の所蔵作品のなかから、動物を中心とした生き物を描いた作品を紹介します。

地図

近辺情報
  • 文化イベント
  • 文化施設
  • 文化団体
近くの情報
facebookコメント
イベント情報一覧へ